[登山道具] 友人からアウトドア用品をいただきました!

登山道具

友人から誕生日プレゼントとしていくつかのアウトドア用品をいただきました!

山に興味のない友人がこんな素敵なものをプレゼントしてくれるなんてびっくりしました。
聞いてみると、最近キャンプ動画をYoutubeで見ているらしくそこで知ったとか。
「カズチャンネル」は私も見ているので話が盛り上がりました笑
個人的には「ビートないとー」さんのキャンプ動画が一番好きです。

話を元に戻しますが、せっかくのいただきものなので、山で使う前に紹介していきたいと思います。

一覧

今回いただいたものたちです。
メスティンだけ自分で買っていますが笑

  • キャプテンスタッグ アルミロールテーブル(コンパクト)
  • Trangia メスティン(TR-209)
  • エスビット ポケットストーブ&固形燃料

キャプテンスタッグ アルミロールテーブル(コンパクト)

こんな感じのミニテーブルです。
寸法:幅400×奥行き290×高さ120(mm)
材質:アルミニウム(表面はアルマイト加工)
耐荷重:30kg

運搬時はこのように折りたためるのですが、輪ゴムを付けないとパカっと開いてしまいます。

何も力を入れていないと、先ほどの折りたたんだ状態からこのように開きます。
この開いた状態がデフォルトかな?

テーブルってそれなりに荷物になってしまうので、山に持って行くシーンは限られてきますがあるととても便利なものです。

  • 凸凹した地面から平らな面を得られ安定する
  • 火を使うときに草木からある程度距離を取れる
  • ご飯を地面に置かずテーブルに置く安心感
  • おしゃれ

おしゃれのために頑張って担いで上がります!

Trangia メスティン(TR-209)

続いて言わずと知れたメスティンです!
飯盒としてだけでなく炒め物などもできるキャンパーの必需品です。
検索するとたっくさん記事が出てきます。メスティン自体の紹介や、レシピなどなど


メスティンは80年代と私が生まれるよりずっと前から販売されていたそうです。
近年再ブームらしく人気沸騰中で、私も「さばいどるチャンネル」のかほなんさんの動画を見て知り、ずっと欲しかったです笑
手に入れたからには山で米を炊くぞー!!

メスティンは使う前に2点準備が必要になります。

  • バリ取り
  • シーズニング

メスティンはバリ取りがされていませんので、縁がトゲトゲしています。手や口を切らないためにもサンドペーパーでバリ取りをしましょう。

シーズニングはアルミの表面に酸化皮膜を作り、アルミ臭さを押さえたり焦げ付きを防ぐために行います。焦げ付くと洗い物が大変になるのでシーズニングも必須です。

私はこちらのサイトを参考に行いました。メスティンを買おうと思っている方は覗いてみてください。

https://yama-tabiblog.com/messtin-deburring-seasoning/

エスビット ポケットストーブ&固形燃料

最後にエスビットのポケットストーブと固形燃料です。
ポケットストーブというだけあって98×77×23(mm)と小さくポケットにすっぽり入ります。

組み合わせるとこのような感じになります。
メスティンでご飯を炊く際にバーナーを使ってもいいのですが、こちらのストーブを使用することで炊飯を自動化することができます。燃料に火をつけて放置するだけで、燃料が燃え尽きる頃にご飯が炊き上がる仕組みになっています。

収納に関してですが固形燃料とライターがピッタリ入ります。
山に行ってライターを忘れ火をつけられない悲劇は避けられそうです。

持って行くときは簡単にクロスで包んで
(CP+2019でいただいたCosinaさんのレンズクロス)

メスティンの中に入れます。
そのまま入れてもいいのですが、内側に傷がつきそうだったのでクロスで包みました。

スポンサーリンク

まとめ

友人からいただいたアウトドア用品を紹介してみました。
テーブル、メスティン、ストーブと登山にもキャンプにも使える最高の道具を貰えてめっちゃ嬉しいです!大事に使います。

実はこのブログを始めて4ヶ月の間に複数の友人から色々なフィードバックを貰いました。
写真を褒めてくれたり、読みにくい箇所の指摘や誤字報告などなど
ただ、アウトドア用品を送ってくれてレビューよろしく!と言われたのは初めてでした笑

いただいたものなので大事に使いますが、それ以上にどんどん外で使って楽しんでいこうと思います。道具は使ってこそですからね。

さっそく明日にでも山に飯を炊きに行ってきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました