[登山] 八ヶ岳連峰 北横岳で雪山デビュー!

八ヶ岳

1月上旬、雪山デビューとして長野県 八ヶ岳連峰 北横岳(2480m)に行ってきました!

先日投稿した雪山装備購入の記事でもお話したのですが、私はいままで夏山しか登ったことがありません。雪山は夏に比べて雪崩、遭難など安全面での不安があったからです。それに初心者一人で雪山に行くなんてもってのほかですし…
ただ、今シーズンは私が参加している登山サークルの雪山経験者からお誘いいただいたので、雪山デビューをしてきました!

初めての雪山に際して必要な装備があったため事前に購入してきました。
当初は最低限必要な軽アイゼン・ゲーター・サングラスだけを買うつもりが、その他の装備も色々と買ってしまいました。こ、こんなにお金がかかるなんて…!

このような感じでたくさんの装備を買ってきたわけですが、数年使うと思えば許容です。というか、そうでないとやってられないです…

使用した装備品のレビューは別途投稿したいと思います。

スポンサーリンク

北横岳

北横岳は長野県に位置する八ヶ岳連峰北部の山です。正式名称は横岳というのですが、八ヶ岳南部に同名の横岳があるため、こちらは便宜上「北横岳」と呼ばれているそうです。

また、北横岳は雪山入門として最適な山だと言われています。

  • スキー場が隣接されているため人がたくさんいる
  • ロープウェイで2237mまで上がれる(山頂は2480m)
  • 頂上までコースタイムが1時間半と短い
  • ルートに岩場・鎖場など危険箇所がなく歩きやすい
  • 6本爪の軽アイゼンで歩行可能

標高差が少なくコースタイムが短い。さらに人が多い。これなら初めての人でも安心して雪山を楽しめますね!
※初心者に最適ではありますが雪山です。装備を整えた上で経験者と行くことをおすすめします。

行程

往路:山頂駅・坪庭(9:45)→北横岳ヒュッテ(11:00)→北横岳 南峰(11:15)→北横岳 北峰(11:25)

復路:北横岳 北峰(11:40)→北横岳 南峰(11:45)→北横岳ヒュッテ(12:00)→山頂駅・坪庭(12:50)

北八ヶ岳ロープウェイ

午前9時半ごろに北八ヶ岳ロープウェイに到着しました。
車から降りると地面はガチガチに凍っており、ひんやりとした空気が漂っていました。
早速、乗車口に向かいます。

チケット売り場には驚くほど人がいませんでした。第一陣は既に山頂にいるのでしょうか?

大人一人往復で1,900円です。

山頂の天気は晴れ、気温マイナス8度、風速10mです。山頂は風が強く、体感温度としてはおよそマイナス15度になりそうです。

ロープウェイ待ちの人も少なかったため、さくっと乗れました。
こうしてみると標高の低いところは雪が少なく岩が露出していますね。

山頂駅・坪庭 ~ 北横岳ヒュッテ

ロープウェイを降りると北八ヶ岳坪庭に到着です。ここで既に2237m!!!
文明の力は偉大です。

南八ヶ岳方面。既に最高の景色でテンション爆上がりです!

よく写真で見るキツツキ。手前の紐を行くとクチバシが動きます。

今日のザックはメインがミレーのサースフェー35Lでカメラバッグとしてpeak designのEveryday Sling 5Lを持ってきました。ストックはmont-bellのアルパインポールです。

登山開始前に先日購入した軽アイゼンとゲーターを装着します。
初めての実戦投入ですが、軽アイゼンはラチェット式、ゲーターはマジックテープなので厚手の手袋をしたままでも難なく装着することがでました。
(アイゼンを付けたところは撮り忘れてました…)

メンバー全員の準備が完了したところで、北横岳を目指して出発!

アイゼンを付けた初めての歩行。それほど難しくもなく歩けました。

先日買ってきたスノーバケットもいい仕事をしています。
面積が広くなるため荷重が分散され、雪に沈みにくくなりました。

少し登って振り返ると山頂駅・中央アルプスの絶景!!

アップも。奥は御嶽山?

おしゃれ感漂う坪庭の標識。
この辺りもまだ岩の露出が多いですが、歩行ルートは雪に覆われているので問題はありません。

植物が樹氷と化していて、太陽の光が当たるとキラキラして綺麗でした。

程なくして分岐が登場しました。左手に行くと北横岳山頂方面、右手に行くと坪庭を周回し駅に戻ります。

坪庭を抜けると樹林帯の中に入りました。木々に囲まれているため風がなく暑いです…

氷柱が成長中。氷柱に触ってみると、枝や葉にガッチガチにくっついていました。

ものすごく空が青い!!真っ青な空に白い樹氷はコントラストが効いていい絵です。

北横岳ヒュッテ ~ 山頂

北横岳ヒュッテに到着しました。冬期の間のヒュッテは宿泊者がいる時だけ営業をしているそうです。

多くの山で冬の間はトイレが封鎖されていますが、ここは使用可能でした。

トイレを使用する際は、スノーシュー・アイゼンを必ず外しましょう
頭で分かってはいてもそのまま入りそうになるので、余計に注意が必要ですね。

北横岳ヒュッテ周辺の樹林も綺麗だな〜

ヒュッテ周辺ではラーメンを食べて休憩している方が多くいましたが、私たちは下山してからご飯を食べるので山頂を目指して再出発です。

ヒュッテを過ぎるとより一層雪が深くなってきました。
足が雪にとられて重いですが、アイゼンの刃をしっかりと雪に刺して着実に進みます。

山頂も近くなってくると森林限界にも近づいてくるので木々が低くなってきました。

北横岳 山頂 南峰・北峰

ヒュッテから15分ほどで北横岳 南峰に到着!!
頂上は何も遮るものがない大パノラマで最高の景色な一方、爆風でめっちゃ寒い!!!!

凍える寒さの中みんなで記念撮影📸

南八ヶ岳方面がくっきり見えます。11月に八ヶ岳デビューをした硫黄岳は隠れて見えません。

日本百名山の蓼科と北アルプス。
北アルプスは端から端までしっかりと見えました。でも槍ヶ岳が識別できない…槍はどこだ。

ゆっくり景色を堪能したいところですが、爆風でものすごく寒いため北峰に向かいました。
この樹林帯に入るだけで風がなくなり一気に暖かくなります。

およそ5分ほどで北峰に到着です。
こちらも爆風で寒い!!

頂上はおよそマイナス6度ですが、風がかなり強いため体感気温はマイナス15度くらいでした。
少し手袋を外しただけで凍傷になりそうに…

アップで蓼科を撮ると富士山のように見えてきました。諏訪富士と呼ばれていることに納得です。

蓼科と北アルプスをバックに撮ってもらいました。すごくいい眺めです。

北峰も非常に寒かったため、写真を十分に撮ったところで南峰に戻ります。

南峰の標識の横は物凄いエビの尻尾ができてますね!

足元に落ちていた氷の塊を持って撮影。サングラスをつけた自分の顔が厳つい…

北峰から南峰に戻ってきても相変わらず爆風です。と、ここで雪山経験のあるメンバーから耐風姿勢講座が始まりました。真っ直ぐ立っていられないほどの風が吹いているのですが、教えていただいた耐風姿勢をとると、全くよろけることなく静止できました。

山頂 ~ 山頂駅・坪庭

頂上も満喫したので名残惜しいですが下山を始めます。
下りはアイゼンを付けていても、雪が柔らかいためかかなり滑りました。
ずるずるっと落ちていかないように集中して降りて行きます。

ふと、空を見上げると飛行機雲がありました。うん、綺麗。

広大な坪庭まで戻ってきました。やっぱりここまで戻ると雪の量が少ないです。

山頂駅が見えてきました。下山するのが名残惜しいですね。

縞枯山荘(しまがれ)への標識が雪に埋もれていて、かわいいですね笑
この山荘はオシャレなカフェになっているそうです。

キツツキに戻ってきたので、キツツキポーズで記念撮影!

下りのロープウェイも全く混んでいなかったのでさくっと乗ります。

今日もGoPro8で撮影しながら登山をしていました。帰ったら動画の編集もがんばろう!

北八ヶ岳ロープウェイ

下山後はロープウェイ乗り場に隣接されているレストランで少し遅めの昼食を食べました。14時前だったおかげかレストランも空き気味でラッキーです。

美味しそうなメニューを前に悩む4人…
山で無性に食べたくなるカレーにするか、ポークカツにするか、ビーフシチューにするか….

5分ほど悩み注文したのはポークカツ パン2個付きです。
他のメンバーはそれぞれ野菜カレー、カツカレー、ビーフシチューを注文。

そして、恒例の山バッチを購入!
北横岳はカラーでオシャレ、八ヶ岳は無骨な感じがしてかっこいい!!

帰りの車窓から南八ヶ岳。下から見る八ヶ岳も綺麗ですよね〜

まとめ

正直、初の雪山ということで前日まで期待と不安でいっぱいでしたが、当日は天気にも恵まれ最高の雪山登山でした!

コースに危険箇所は全く無く、6本爪の軽アイゼンで十分。
景色も南八ヶ岳〜中央アルプス〜北アルプスまで全部見渡せる。
手軽に登れてあの景色は本当に贅沢ですね。

同行者からは雪山の魅力に取り憑かれた?と聞かれましたが、答えはYES!!!
夏山では体験することの出来ない雪山の魅力にすっかり取り憑かれました。
しかし、雪山は荒天時が本番。決して調子に乗らず安全第一です。

今年はもう何箇所か軽アイゼンで行ける雪山に行って少しでも経験を積む予定です。
来シーズンはピッケルと12本爪のアイゼンを購入して厳冬期の雪山にもチャレンジすることを決意。ガチ装備用の資金も貯めておかなきゃ…

最後になりますが、雪山初心者の自分の装備購入から当日の山行までサポートしてくださった3人には感謝です。ありがとうございました!

YAMAP、Instagramにも投稿していますので、よろしければこちらもご覧ください。

北横岳 -2020-01-11 / Krunaruさんの蓼科山・横岳・縞枯山の活動データ | YAMAP / ヤマップ
蓼科山・横岳・縞枯山の日帰り登山・山登りレポート。日帰り。累積標高は300m、距離は3.6km。天気は晴れ。北横岳(南峰)~北横岳(北峰)。雪山入門として八ヶ岳連峰の北横岳に行ってきました! 私は今まで夏山しか登ってきませんでしたが、サー

コメント

タイトルとURLをコピーしました