[登山]雪の大倉尾根 そこには別世界が広がっていた

丹沢

雪の大倉尾根を登り塔ノ岳に行ってきました!

先週の土日は天気予報がイマイチで山に行く気はなかったのですが、まさかの14日(土曜)に雪が降りました!
山間部だけでなく平野部でもです。これはもしかして丹沢でも積雪?(期待
でも、「寒そうだなぁ〜」や「明日には溶けてなくなるだろうな〜」と、自宅でうだうだ悩んでいたところ以下のツイートを発見しました。

神奈川県の丹沢にある鍋割山で20cmの積雪!!!これなら塔ノ岳はもっと積もってるかも!
そして、翌日15日の天気は曇り時々晴れ。もしかしたら雪がある状態で青空まで?!
行かなきゃ絶対に後悔する!!!

と期待に思いを馳せながら急いでパッキングをして行ってきました。

スポンサーリンク

行程

往路:大倉バス停(7:05)→駒止茶屋(8:10)→堀山の家(8:25)→花立山荘(9:05)→塔ノ岳(9:35)

復路:塔ノ岳(10:30)→花立山荘(10:55)→堀山の家(11:35)→駒止茶屋(11:50)→大倉バス停(12:40)

渋沢駅〜大倉バス停

午前6時20分、小田急線渋沢駅北口に到着しました。
改札を出てバス停に向かう途中の景色です。駅から見ても丹沢山塊は白く染まっており、期待通り雪が積もっていそうです!ただし、曇天ですが。。。

始発のバスは7時5分なのですが、既に30人近く並んでいました。
これはもしかして2本目になるかも…と思っていたところ、6時45分ごろに臨時バスが2台も来てくれました!ありがとうございます!!!

大倉バス停~堀山の家

7時過ぎに大倉バス停に到着しました。定刻よりも20分程度早い到着です。
時間が経つと雪が溶けてしまうので、臨時バスには本当に感謝です!

今日は大倉尾根で塔ノ岳を目指します。登山口の時点では雪の気配は全くなく、気温も6度ほどありました。

見晴らし茶屋あたりまで雪はなく、この先から雪が登場し始めました。

ちょっとずつ雪が出始めてテンションが上がる〜!!!

標高を上げて行くとどんどん雪が多くなってきました。木々が白く染まっていてとっても綺麗です。

次第に地面も白くなってきました。大倉尾根が楽しいぞ…?

駒止茶屋に差し掛かったところで青空が出てきまいした!!!!
これは山頂での青空も約束されたようなもの。大勝利です!!!(フラグ)

太陽が出てきたおかげて気温が上がってきました。気温が上がってくると…
そう、木々の雪がドサ〜!と落ちてきます。首に入ると冷たっ!!と一人で叫んじゃう。。。

ポールに積もった雪にも光が当たってとても綺麗。

雪に青空!上り一辺倒で退屈な大倉尾根が楽しいぞ〜〜!!

堀山の家~山頂

堀山の家に到着しました。そこにはイケメンな雪だるまが待ち構えていました。
耳まで作り込んでいてすごい笑

この時点で気温は3度程度。雪がどんどん溶けていきます。

富士山は山頂がチラッとだけ見ました。山頂に着く頃にはガスが晴れるかな〜

堀山の家より先は登山道も一面雪になっており、滑りやすくなってきたため途中で6本爪の軽アイゼンを装着。アイゼンをつけると全く滑らないのですが、所々石が剥き出しでひじょ〜〜に歩きにくかったです。

ん、ガス?え、ガスってきた?

ただのガスですぐに晴れるよね…?

これはもしかして…

これは…

塔ノ岳 山頂

あああ〜〜〜!!!!(大絶叫)
もしかしなくても一面真っ白!!そして寒い!!!

お地蔵様も凍りつく寒さ

山頂の気温は氷点下4度。これは寒い。

ガスっているだけでなく、気がつけば吹雪いてきました。
ま、まぁ展望はなかったけど、雪の大倉尾根楽しかったし、雪がある山頂も珍しいから問題なし!!

山頂の積雪は大体足首ちょい上らへんでした。(深いところで15cmくらい?

心の目で富士山を見ながらご飯を食べます。昨晩急いで家にあるものをパッキングしてきました。大好きなシーフードヌードルと初めて食べる五目リゾッタ。

冬用のガス缶でもなかなかお湯が湧きません。その間にも吹雪で体が冷えてきた…

中身を混ぜていただきます。

本来は三ノ塔や大山が見える方面です。心の目で景色を楽しみます。

ぜんっぜんガスが晴れそうにないので、大倉バス停まで下っていこうと思います。

山頂~堀山の家

大倉尾根で下るのですが、下は何も見えないです。下界はどうなっているの??

登りは急いで登っていたのであまり景色を堪能していなかったのですが、下りは景色を楽しみながらです。金冷やしより上はもっふもふの雪が積もっており、非常に楽しかったです。

下山途中も濃いガスは健在で、ここは本当に大倉尾根なのか?別の山なのでは?!と思うほどに別世界です。

石が露出しているところが多く、アイゼンの歯が嫌な音を立てます。
黒板を爪で引っ掻いたときのような音がそこら中からしていて、ゾクゾクしました。

花立山荘まで下ってくるとたくさんの登山者がいました。ここでご飯を食べたりアイゼンを付けている人が多かったです。中には12本アイゼンを付けている方まで。石の露出が多かったため、チェーンスパイクで十分な道だったように思います。

まだまだガスが濃いです。でも、このガスのおかげで気温が上がらないので雪は長持ちかもしれません。

雪の積もった木道を歩く姿が印象的です。ただ、雪の積もった木道は滑りやすいので要注意です。

雪の積もった木を大きく切り取るのもいいのですが、

枝をアップで撮影するのも楽しかったです。

堀山の家まで戻ってきました。あれ、この雪だるま進化してない?行きは翼なかったよね?!

堀山の家から下はだんだんと雪が少なくなってきました。でも、脇に雪があったりして楽しいな

溶けた雪が氷に。緑も綺麗だ。

下まで降りると雪はほぼ溶けており雨のように水滴が落ちてきました。冷たい〜〜

見晴らし茶屋にも雪だるまが誕生。

見晴らし茶屋よりしたは全く雪がありません。つい1,2時間前まで一面銀世界にいたのになぁ

降りてきた〜!下界も曇り〜

大倉バス停

バス停まで帰ってきましたが、山頂方面は曇天です。
登山をしているとよく下山後に晴れることがあるのですが、今日はずっと曇りでした。

洗い場では泥だらけになった登山靴とゲーターを洗います。他の登山者の方と一緒に洗っていたのですが、みんな泥だらけです。分かっていたとはけっこう汚れてしまった…

三ノ塔方面。ヤビツ峠までバスが出ていたら向こうから塔ノ岳に行きたかったな〜
大倉バス停からも三ノ塔に行けるのですが、この日はできるだけ山頂に早く着きたかったため選択肢としてはなしでした。またの機会に行ってみようと思います。

下山後

今日も鶴巻温泉に行こうと思ったのですが、大倉バス停に新しくYAMA CAFEさんができていました。せっかくなので今日はここでご飯を食べていきます。

店内は開放的な空間でとても綺麗でした。(撮影許可はいただきました)

注文したのは焼きチーズカレー!(900円)
香ばしいチーズとカレーは非常に相性がいいですね。ペコペコなお腹には最高のカレーでした。ただ、ちょっと量が足りないです。大盛りがあればよかったな。

焼き鳥(2本で150円)は至って普通でした。

店内は清潔で料理も美味しく満足です。ただ、もうちょっと活気が欲しい雰囲気だと感じました。
して正直な話、鶴巻温泉に行った方が温泉もあるしご飯も満足度が高いかもと思いました。登山後はやっぱり温泉に行きたいです。

スポンサーリンク

まとめ

1月末頃、丹沢に積雪があったのを覚えていますでしょうか?あの日気分が乗らず行かなかったのですが、後から行けばよかった!と後悔しました。今度こそ!と思い、朝起きて行ってきましたが、行って本当によかったです!

今まで何度も塔ノ岳に登っていますが、雪があるだけで大倉尾根がここまで楽しくなるとは!そこには、まだまだ見たことのない景色が広がっていました。毎回違う顔を見せてくれる丹沢が本当に好きです。これだから登山は楽しいんですよね〜!

次は西丹沢から檜洞丸を経て蛭ヶ岳に行ってきます!ヒルが出ないこの季節のうちに、もっともっと丹沢を楽しみます。

Youtubeに動画をアップしていますので、よろしければご覧ください。

[登山] 雪の丹沢を求めて塔ノ岳へ
雪の大倉尾根 ~塔ノ岳~ -2020-03-15 / Krunaruさんの丹沢山の活動データ | YAMAP / ヤマップ
丹沢山の登山・山登りレポート。日帰り。累積標高は1369m、距離は13.4km。堀山~塔ノ岳~堀山。土曜日、山間部を中心に雪が降り丹沢山域にも積雪。twitterの情報では鍋割山に20cmの積雪。それならば塔ノ岳はもっと雪があるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました