[登山]紅葉ピークの立山と雲海の剱岳 Day2 剣山荘周辺を散策し、室堂へ下る

一泊二日以上

Day1はこちら

スポンサーリンク

Day2

剱岳を眺めてゆっくりと

午前3時ごろ、他の登山者の準備の音で目が覚めました。昨晩はガスガスでしたが、いまはどうかな?と思いテントから顔を覗かせると…

そこには天の川が広がっていました。3時なのでメインの星は見えませんでしたが、それでも美しい星空。

びっきーさんは午前5時前に剱岳に出発しました。私は寒くて寒くてシュラフに引き篭もったまま二度寝。午前6時ごろに目が覚めると剱岳の朝焼け。急いでカメラを準備。パシャパシャと撮影していきます。

テントの中からこの剱岳が見られるのは幸せ。これだからテント泊はいいんですよね〜

朝ごはんはマルちゃん正麺の味噌。ガスはびっきーさんにお借りしました。ありがとう。
温かいご飯を食べて体を温めます。

この辺が前剱?もうこの辺まで登ってるのかなー

朝ごはんを食べてぼーっと剱岳を眺めていると、午前7時半ごろびっきーさんから山頂についたよ!とメッセージがきました。おお!登頂おめでとう!!

剣山荘へ

日が出て暖かくなってきたので、そろそろ剣山荘に向かいたいと思います。

まずは昨日受付をした管理所の前を通過。

注意事項が書かれているので、よく読んでいきます。

ルート情報もありました。雪渓は通行NGになっており、源次郎尾根は通れなさそう?

手前にある赤い屋根の小屋が剱沢小屋で、左手奥に見える小屋が剣山荘。剱岳に登るためにもまずは剣山荘に向かう必要があります。

後ろ立山方面は滝雲がかかっていました。中央の山が五竜で、右手が鹿島槍かな?

剣山荘が見えてきました。ここからは前剱しかみえず、山全体は見えないんですね。

テント場から30分ほどで剣山荘に到着です。

小屋の中に貼られていた雪の剱岳。ヘリから撮影したのでしょうか?大迫力で素晴らしい写真だと思いました。

剱岳には登っていませんが、Tシャツを一枚購入しました。剱に登る時は今日買ったTシャツを着てこよう!

小屋の裏手から剱岳に行くことができます。今日の見学はここまで。また実力をつけてこの先にいきたいと思います。

ここでゆっくりコーラを飲んでいると、剱から下山してきた人が何かいました。少しだけ話したのですが、人が少なく渋滞が発生せずスムーズに登り下りできたらしいです。山頂からは雲海が広がっていてとってもよい景色だったとか。う、羨ましい…!!

小屋の方は小屋閉めの準備を着々と進められていました。窓に木の板を打ち込み、割れないように対策しています。

テント場で再度休憩

剣山荘からテント場に戻ってきました。
水場の冷たいお水で顔を洗うととっても気持ちがよかったです。生き返る〜

靴下を脱いで、テントに寝っ転がりゆっくりと剱を眺めるのが本当に至福の時間。

テントでゆっくりしていると、突然ヘリの音が剱沢キャンプ場に響き渡りました。
滑落?!救助?!と緊張が走ります。びっきーさん大丈夫かな…

ヘリを見守っていると、丁度びっきーさんがテント場に帰ってきました。無事でよかった!!!

ヘリは剱岳を2周し雷鳥沢方面へ、そして再度剱岳を1周。その後飛び立って行きました。後日ニュース等でも滑落は聞かなかったため、見回りだったのでしょうか?

購入したTシャツを着て早速記念撮影。いつかはあの頂へ。

持ってきたものの使用しなかったヘルメット。

室堂に向けて下山

見学だけだったけど大満足の剱岳。テントを撤収してさよならです。また来ますね。

別山尾根から見る白馬岳。2ヶ月前の自分はあそこにいたのか〜
来年は後立山連峰の縦走をしよう。

テント場から剱御前小屋まで300mの登りですが、二日目で体が慣れているためか全く疲れずに登れました。やっぱり登りが楽しい!

そのまま雷鳥沢に下ろうと思ったのですが、予想外の雲海!!
剱の山頂からはもっと遠くまで見通せたのかな。羨ましすぎる…

奥大日方面。今日も雲に飲まれそうな稜線。こっちも絶対に登りにこよう。

びっきーさんは剱御前小屋でTシャツを購入。

剱岳の見納め。雷鳥沢に下り始めたらもう見えません。

剱御前から雷鳥沢まで一気に500mほど下ります。足に負担がかかりそうだけど頑張ろう!

雷鳥沢に向けて下っている途中に見た奥大日岳。この稜線も半端なく美しい!!!

びっきーさんと次はどこの山に登る?と会話しているといつの間にか下り切っていました。今日は立山三山も快晴です。昨日晴れて欲しかったよ…

初めてきた雷鳥沢。予約不要のため週末は激混みだと聞いているのですが、この週末はガラガラ。30張り程度しかありませんでした。

上から見ると本当に数えるほどしかテントがないですね。静かに楽しめそう。

この日一番の難所だった雷鳥荘周辺。地獄谷の火山ガスが噴出しており、呼吸をするたびに咳が出ました。マスクをしても苦しい…

浅い呼吸で急いでガスを抜けます。周りの登山者もマスクをしながらも咳込んでいました。

ガスを抜けたところで落ち着いで看板を読むと、黄色いランプがついており結構危険な濃度だったらしい。道にはガスマスク?など非常時用の備品まで置かれています。地獄谷、恐るべし。

雷鳥荘を抜けるとみくりが池温泉とミクリガ池があります。

ずっと稜線上から見えていたミクリガ池ですが、下から見ると青緑色をしていて綺麗ですね。
CPLフィルターを使うと透き通った水が写りそう。なしだとリフレクションがいいな。

15時ごろに室堂に到着しましたが、昨日と打って変わって観光客でいっぱい。ガヤガヤと賑やかでした。でも、人が多いのは嫌なのでさくっと扇沢に向かいます。

真っ白のロープウェイと思いきや

大観峰からのロープウェイは真っ白。紅葉が見えなくて残念…と思っていましたが

後半は一気にガスが晴れて紅葉とダム!!!
行きも帰りもこの景色が見られたのはすごく運がいいです。

ロープウェイと紅葉、素晴らしい景色をありがとう!

昨日は雨が降っていた黒部ダムですが、今日は西日があたって落ち着いた雰囲気です。

今日の放流も大迫力。

一泊二日の立山・剱岳でしたが、とっても楽しかったです。両日ともに景色が抜群!
次は2泊3日とかで来よう!

扇沢の駐車場はスッカスカ。手前の広い駐車場が第1,2駐車場で12時間1000円、下段にあるのが第3,4駐車場で24時間1000円。一番奥に見えるのが無料駐車場。停めるなら一番奥ですね..

下山後

下山後は大町にある「湯けむり屋敷 薬師の湯」という温泉に行きました。露天風呂の景観がいい温泉です。日曜日でしたが、全く混んでおらず快適でした。

ご利用案内
長野県大町温泉郷の日帰り温泉です。

温泉から上がると無性にカツ丼が食べたくなりGoogleMap検索で検索。その結果、曇野市内にある「かわせみ」さんに夕食を食べに行きました。

ソースカツ丼、1050円
衣にはソースがかかっているにもかかわらずサクサク。お肉は2枚ありボリューム満点!ご飯とお味噌汁も美味しい!
適当に探した割にいいお店を引き当てました。信州サーモンフライなど気になるメニューもあったのでまた来たいな〜

紅葉よし!雲海よし!大満足の立山・剱岳

一泊二日の立山・剱岳登山は最高の2日間でした。日程が許せば雷鳥沢でもう一泊したかったです。

初日の室堂は台風の影響でキャンセルした人が多いためか、ほぼ人がいませんでした。
この紅葉の時期にこれだけ人が少ないのは珍しく、静かでゆったりとした時間が流れている室堂。美味しい湧き水を飲みながら食べる肉まん。

雄山に登ると立山一帯を一望。そこから見える雷鳥沢もテントがポツポツとだけ。雄山はそこそこ人がいて賑わっていたのですが、雄山〜剱沢キャンプ場までは数人としかすれ違いませんでした。

剱沢キャンプ場もテントは8張り程度。広々とテントを張りゆったりと剱岳を眺める至福の時間。

もう一回、もう一回立山・剱岳に行きたい。そして次はちゃんと剱岳に登りたい。剱岳はカッコよく何時間でもみていられます。それでもやっぱりあの頂に立ちたい。剱岳を目の当たりにしてそう思いました。

今までは剱岳?死んじゃうよ、無理無理。と思っていましたが、その足元に行ってその迫力を目の当たりにすると、もう行くしかないと。

来年、再来年あたりにはチャレンジできるように、もっともっと色んな山に登って経験を積んでいこうと思います。

この間購入したFujifilm X-T4で2分半ほどのショートムービーを作ってみました。ちょっと手振れが酷いシーンもありますが、色が最高によい動画だと自分で思っています。もしよろしければご覧ください。いつもの登山Vlogはまた後日…

【登山】紅葉ピークの立山と剱岳に行ってきた! with Fujifilm X-T4 | ショートムービー

Yamapはこちら

紅葉ピークの立山と雲海の剱岳!! / Krunaruさんの立山・雄山・浄土山の活動データ | YAMAP / ヤマップ
立山・雄山・浄土山の登山・山登りレポート。1泊2日。累積標高は1505m、距離は13.7km。立山(雄山)~立山(大汝山)~立山(富士ノ折立)~真砂岳。

コメント

タイトルとURLをコピーしました