[登山] 鎖場の訓練に乾徳山に行ってきた

登山

鎖場の訓練をしに山梨県の奥秩父にある乾徳山(2031m)に行ってきました。

なぜ鎖場の訓練をしに行ったのか。それは以前登った宝剣岳の鎖場で自分の実力不足を感じたからです。鎖場などは踏み外すと谷底に落ちる場合が多いので、少しでもスキルアップをして安全な登山を目指します。

ちなみに、宝剣岳の記事はこちらです。

スポンサーリンク

行程

往路:駐車場(8:30)→登山口(9:00)→水場(10:00)→国師ヶ原(10:20)→扇平(10:40)→鳳岩(11:30)→山頂(11:40)

復路:山頂(13:00)→国師ヶ原(14:00)→駐車場(15:15)

駐車場

午前8時半頃、駐車場に到着しました。メインの駐車場は満車になっていましたが、少し下ったところにある臨時駐車場は1台しか停まっておらず、まだまだ停められます。

駐車場近くにはトイレもあるので安心です。

登山口を目指してまずは舗装された道を歩いていきます。

少しすると林道に入ります。先日の雨の影響か、登山道に水が流れていました。

登山口まであと少しです。

水の勢いが強くなってきました。

登山口

午前9時頃、登山口に到着しました。

次のチェックポイントの水場まで休憩無しで行きます。

熊が出るそうなので、熊鈴を付けていくといいかもしれません。

登山道が小さな川のようになっていました。石などがとても滑りやすくなっているので、注意しながら歩きます。

標識が各所にありました。迷わずに歩けますね。

倒木がいたる所にありましたが、歩行には影響ありません。

水場

午前10時頃、水場に到着しました。

パイプ以外のところからも水が流れており、付近一面が水に浸かっていました。

ちょうど500ml飲みきった所だったので、水を補給していきます。その後お腹が痛くなっていないので、そのまま飲んでも大丈夫です。たぶん…(自己責任でお願いします。

さて、少し休憩も取ったので次は国師ヶ原を目指します。

こちらにも倒木がありますが、歩行には問題ありませんでした。

少しづつ開けてきました。国師ヶ原まであと少しです。

国師ヶ原

午前10時20分、国師ヶ原に到着しました。水場からは近かったです。

程なくして分岐に差し掛かりました。左手に行くと高原ヒュッテがあります。今回は鎖場がメインなので、そのまま真っ直ぐ行きました。

何かよく分からない像がポツンと。

林道を抜けると高原に差し掛かりました。だいぶガスガスです。

扇平

午前10時40分、扇平に到着しました。

扇平から山頂方面は一面ガスでした。天気予報では晴れだったのですが…

ゴツゴツした岩が多くなってきました。道という道は分かりにくいので、ピンク色のテープを頼りに進みます。

岩に書かれている矢印の通りに進みます。岩が若干濡れており滑りやすいので慎重に登りました。

こちらも岩が濡れており滑りやすかったです。鎖を頼りに登ります。

よく写真で見る髭剃岩です。真ん中がぱっくり割れていますね。

だいぶ岩場になってきました。ここまで来ると段々とガスが晴れてきて青空が少しだけ見えました。山頂で晴れてくれれば言うことなしです。

カミナリ岩に到着しました。写真だと分かりにくいですが、かなりの岩壁です。

岩の切れ目や窪みに手足をかけながら登ります。速度は遅くなりますが、三点支持意識しながら登ればそれほど難しくありませんでした。

カミナリ岩の上から見るとこんな感じです。ほぼ垂直のようにも見えますね。

このまま直進するのかと思いましたが、左手方向にピンクのテープが見えます。そちらが正しいルートですね。

きのこ?がたくさん生えていました。

山頂が見えてきました。手前にある紅葉の赤がいいアクセントになっています。

秩父の山々が見えてきました。山頂はいい眺めになりそう。

鳳岩

午前11時半頃、鳳岩に到着しました。ここを超えれば山頂です。

乾徳山で一番の鎖場です。約20mの岩壁を登ります。右手には迂回路もありますので、無理そうであればそちらから行くことをオススメします。

こちらも三点支持を意思してゆっくりゆっくりと登りました。上から見るとこんな感じです。

乾徳山 山頂

山頂に到着しました。駐車場からおよそ3時間です。

黒金山方面の稜線。稜線の右側に雲が滞留していました。

若干富士山が見えました🗻

山頂は狭い上に続々と人が来そうだったので、少し下ったところにある岩場でお昼休憩にしました。

到着してすぐにタイムラプスのセッティングをしました。お昼ご飯を食べながら放置します。

今日のお昼ご飯はカレー味のカップ麺とおにぎりです。(ピントがあってない…

秩父の山々は雄大です。

時々富士山が顔を見せてくれました。

同行者がいい感じに撮ってくれました📷

こちらが、山頂付近から撮影したタイムラプス映像です。

[タイムラプス] 乾徳山から黒金山方向

1時間くらい山頂を堪能したので下山します。

黒金山への分岐

黒金山の分岐に来ました。まっすぐ行くと山頂から見ていた稜線へ続きます。

道がわかりにくいので、ピンク色のテープを目印に下ります。

道がほぼ岩か木の根でした。すごく滑りやすかったため慎重に下ります。

いい感じの緑。

このテープが本当にありがたいです。

高原ヒュッテまであと20分くらい。この「くらい」が何となく気に入ってます。

だいぶ道がなだらかになってきました。

ケルンの上に枝が。

倒木の後は荒々しいです。

高原ヒュッテが見えてきました。

高原ヒュッテ&国師ヶ腹

14時頃高原ヒュッテに到着しました。

中は比較的きれいめです。お手洗いに行く為には靴を脱ぐ必要がありました。

少しだけ休憩をして高原ヒュッテを後にします。

〜駐車場

まだまだ15時ですが、山の陰に入るとかなり暗めです。16時とかでもヘッドライトがあったほうが安心できます。

登りの時より水量が増えている気がします。

駐車場近くの川です。登山道を流れていた水が合流して川になると思うと感慨深いです。

まとめ

初めての乾徳山でしたが、林道・高原・岩場・鎖場と様々なフィールドを楽しむことができ大満足でした。

頂上までにある、カミナリ岩や鳳岩は怖くもあり楽しくもありました。三点支持を意識しながら慎重にですが登ることができ、自信になりました。

ただし、技術・経験があったとしても鎖場は危険なことに変わりはないので調子に乗らず、ステップアップしていきたいと思います。

YAMAP、instagramにも投稿していますので、よかったらそちらもご覧ください

乾徳山 2019-10-27 / Krunaruさんの乾徳山・黒金山の活動データ | YAMAP / ヤマップ
乾徳山・黒金山の日帰り登山・山登りレポート。日帰り。累積標高は1306m、距離は10.8km。天気は晴れ。小屋沢ノ頭~乾徳山。今回は岩場・鎖場の訓練をしに乾徳山へ。 前情報では、頂上直下の鳳岩が最大の難関で一応迂回路ありとのこと。 無理そ

コメント

タイトルとURLをコピーしました