[撮影機材]CarlZeiss Loxia 2/50を購入.季節のお花を撮影してきました!

カメラ

こんにちは。今回は初めて撮影機材に関するお話をします。
つい最近、1年以上前から欲しかったレンズを購入しました。それはドイツの光学機器メーカであるCarlZeissのMFレンズ「Loxia 2/50」です。
軽く街中での撮影に使いましたが、ほんっっとうに最高のレンズでしたのでご紹介します。

スポンサーリンク

CarlZeiss Loxia 2/50

購入した経緯やレンズ紹介をする前に、本レンズで撮影した写真をご覧ください。
話はそれからしましょう。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/400 F2.0 ISO100
α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/1000 F2.0 ISO100
α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/1250 F2.0 ISO100
α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/1000 F2.0 ISO100
α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/250 F2.0 ISO100

なぜLoxia 2/50を購入したのか

私がこのレンズを知ったきっかけはフォトヨドバシというサイトです。
カメラ好きの人で知らない人はいないであろう、超有名なサイトです。私は暇さえあればフォトヨドバシさんの作例を見てレンズ欲しいなぁと物色してる人なのですが、こちらのサイトの作例を見てこのレンズめっちゃいいじゃん!!!と感動したのを今でも覚えています。レンズ沼に両足どっぷり浸かっている人は共感してくれると思います笑

さてとりあえず、フォトヨドバシさんとマップカメラさんの作例も見にいきましょう。

http://photo.yodobashi.com/sony/lens/loxia2_50/
【SONY】Loxia 50mm F2 と歩く東京駅 | THE MAP TIMES

いかがでしたでしょうか?
ここまで読んだ皆さんは既に「Loxia 2/50」をポチったことでしょう。

という冗談は置いておき、真面目に話を進めます・・・

私は「Loxia 2/50」の写りに惚れながらも、この一年間購入するかを悩んでいました。
何故かというとMFレンズだからです。
私が主に写真を撮るフィールドは街中ではなく、登山中です。登山では行動時間が限られているため、1枚1枚被写体と向き合って撮影するスタイルは相性が悪いと考えています。AFでパシャパシャ撮れるにこしたことはありません。
そのため、この1年間フォトヨドバシさんの作例に浸りながらも我慢していまいした。
それに、星景写真用の明るい超広角レンズの方が優先度が上だと考えていました。

今回購入を決意したのは友人から中古ではありますが、安く譲り受けられる機会があったからです。本レンズは新品でも9万円と写りを考えれば特別高くはありません。(レンズに対する金銭感覚が狂っている気が)
友人から中古市場より安く売るよ〜と声をかけられた上に、作例という物理で殴られノックダウンしました。安く買えるなら買わない理由があっても買うしかない・・・
そう、買うしかないのです。決して散財ではありません。

レンズスペック

公式サイトはこちら

ZEISS Loxia 2/50 | Sony αシリーズ用フルサイズマニュアルフォーカスレンズ
ZEISSが贈るSony αシリーズのためのコンパクトな標準レンズです。正確なマニュアルフォーカスであなたのクリエイティビティを発揮し、芸術的な解放感をたっぷりとお楽しみください。
対応マウントE mount
フォーカスMF
レンズ構成4群6枚 Planar構成
焦点距離50mm
開放F値F2
最短焦点距離0.45m
フィルター径52mm
重量320g

Loxia 2/50のレンズ構成は銘レンズとしても名高い”Planar”です。
実はPlanarというレンズ構成も気になっていました。開放ではゆるふわな描写で絞れば解像感が増すという簡単な知識しかありませんが、名前からしていいですよね。
まぁ、この辺は使っていくうちに理解していけるでしょう。

レンズ外観

レンズ鏡筒は金属製でずっしりとした重みと高級感があります。この金属感が所有欲を満たしてくれます。

レンズ前面にはZEISSとPlanarの刻印があります。いや〜かっこいい…

マウント部分には電子接点があるため、Exifデータを残すことができます。また、青いゴムでシーリングされているので、多少の雨でも安心して使えるかもしれません。

下から絞りリング、ピントリングとなっています。

レンズの側面にはZEISSロゴはなく、付属のレンズフードにバッチがあります。フードも金属製でとても質がいいものです。内側は植毛されているので、光の拡散を抑えてくれそうです。

レンズの物撮りもどうぞ。

作例

ど素人の写真で作例と言うのもおこがましいですが、しばしお付き合いください。

横浜のみなとみらいに撮影に行ってきました。この日は雨が降っており、傘をさしながらの撮影で非常に苦労しましたが、撮れ高ばっちりです。ほぼ全ての撮影で開放のF2を使用しました。

まずはこちらの一枚。桜木町駅で電車を降りてすぐの花壇なのですが、紫色のお花とペットボトルが印象的でした。開放のF2で中央にあるペットボトルにピントを合わせたため、お花はほどよくボケてくれています。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/250 F2.0 ISO160

駅から赤レンガ倉庫に向かう途中にある汽車道で撮影。手前から奥に伸びる赤いタイルと新緑がとてもマッチしています。雨もうっすらとですがよく描写してくれています。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/800 F2.0 ISO100

最短撮影距離の0.45mまで寄ってみた一枚です。今回は開放ではなく少し絞ってF3.2。ピントを合わせた手前の水滴と葉脈はしっかりと解像してくれています。そして奥にスーッとボケていきます。Planarは背景ボケがうるさいと言われますが、この一枚はあまりうるさくはありませんね。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/250 F3.2 ISO100

黄色と白の葉がせめぎ合うかのように群生していました。F5.0に絞り全体的にパキッとさせたかったのですが、若干ピントが奥に行っているように見えます。これもまたMFレンズの楽しみです。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/250 F5.0 ISO400

目線を下げローアングルから蕾状態のお花を撮ってみました。レタッチで全体的に少しトーンを落とすと黄色い蕾が映えてくれました。うん、いい雰囲気です。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/500 F2.5 ISO100

標準域の50mmは人が物を注視している時の画角と言われていますが、確かにその通りだと感じました。基本的に中央のお花に目が行きますが、その際に白い紫陽花が視界に入ります。黄・白・緑の3色がお互いを引き立てていますね。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/1000 F2.0 ISO100

季節のお花の紫陽花。MFレンズでゆっくりと被写体と向き合っていると、様々な形の紫陽花があることに気がつきます。花びらだけでなく細かい粒までしっかりと観察することができました。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/1250 F2.0 ISO100

続いて、この日一番のお気に入りです。手前の葉を少しボカしながら大きく配置。その奥に隠れるかのように咲く紫陽花がとても印象的でした。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/400 F2.0 ISO100

葉を逆光気味に見上げて撮影。レンズとしては荒が出やすいシーンですが全く破綻していません。心配だったパープルフリンジは皆無。背景ボケがざわざわしていますが、空の白に溶けていく緑が好きな一枚です。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/250 F2.0 ISO250

流石標準域の50mmです。縦と横の線がまっすぐ描写されています。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/2000 F2.0 ISO100

赤レンガ倉庫で人気のオムライス屋さん。透明なガラスの向こうで手早くオムライスを作っていきます。さっと撮りたいシーンでしたが、動きが早く全然ピントが合わない焦りから構図も適当になってしまいました。しかし、この歯痒さもMFレンズならではと思うと不思議と楽しくなります。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/250 F2.0 ISO640

雨の中の撮影で非常に疲れたため、昼食にはとんかつを選択。このレンズでは初めてのテーブルフォトです。最短焦点距離が0.45mであるため、若干ピント合わせに苦労をしました。少し椅子を引いて最短で撮影したのがこの一枚。開放ではあまりにボケすぎるので少し絞っています。サクサクとした衣の質感が伝わってきますね。

α7Ⅲ, Loxia 2/50 ,SS1/250 F2.8 ISO3200

結論:もっと早く買えば良かった優勝レンズ

いかがでしたか?
雨の中季節のお花をメインに撮影しましたが、どれも本当によく写ってくれました。今まではCarlZeiss Batis40F2CFというレンズを使ってきたのですが、感覚的にLoxiaの方が使っていて楽しかったですし、写りもしっくりときました。標準域のMFレンズは初めてなのですが、ピント合わせは全く苦労しません。むしろ、ヌメッとしたピントリングを回し、フォーカスを合わせる動作に快感すら覚えました。被写体とゆっくり向き合う撮影は新鮮で、この日以上に一つの被写体に時間をかけて向き合ったことはありませんでした。
色のりよし・ボケ感よし・ピントリングよし。
Loxia 2/50最高。もう大好き。

私のメインフィールドは街中ではなく山なのですが、この新緑の季節に持っていくとどんな画が撮れるんだろう?とワクワクが止まりません。初めていく山は色々な画角が欲しいのでズームレンズを持っていきますが、登り慣れている丹沢の山では単焦点1本で楽しむのもいいかなと思っています。

レンズ本体の重量は約320gと軽量。MFでの撮影は少し時間がかかりますが、コースタイムに余裕がある場合はさほど気になりません。むしろ自然とゆっくりと向き合ういい機会なのかもしれませんね。

あ〜、早く山でもこのレンズを使いたいぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました